レーザテクノロジーという意味

レーザテクノロジーという意味

レーザテクノロジーと聞きますと、何だか私には難しい科学で工業に関係した加工に使われるものというイメージなのですが、どんな意味があるのかと思いました。

そこでまずレーザという言葉の意味を知る事が先かと思いました。

レーザとは調べると「輻射の誘導放出による光増幅」という意味が載っていました。

よく映画などで、拳銃からレーザが出て標的に向けているシーンなどがありますが、あれがまさにそうなのですね。

あのレーザを目にあてられると目がくらむとか聞きますから決しておふざけでやってはならない事です。

それを表面化して技術全体を表したのがレーザテクノロジーと思って良いのですかね。

となりますと、光のエネルギーを一旦吸収して、線の様に放出するという技術を表しているのではないでしょうか。

このレーザテクノロジーは見るとそんなに私達に関わりが無い訳ではありません。

むしろ生活の中でこの技術が溢れていました。

このレーザを使って加工した製品がいくらでも周りにいっぱいあるからです。

加工された様々な製品

レーザテクノロジーは一見別世界のような事に思えるのですが、私達のすぐ身近な所にありました。

沢山ありますが、まずは事務関係の人がよく使ったりするゴムスタンプです。

スタンプの作り方はもしかしたら他にあるのかもしれませんが、あのゴムに彫られているような文字はレーザで加工されています。

確かに前に勤めていた会社でもゴム製品を扱っていて、文字を彫るのにレーザを使っていた工程がありました。

レーザテクノロジー技術保有会社

もし、こうしたゴムスタンプを注文したならば、このレーザを使って短時間で加工して納品する事が出来て便利ですね。

もしかしたら、市販されているゴム製品の文字はこうしたレーザテクノロジーで製造されているのかもしれませんね。

おそらく専用のレーザ加工機を使うのでしょうから大量に作れて時間も早いとなれば言う事無しですね。

この他にも沢山応用されていますから、どんなものがあるのか色々探してみたいですね。

もしかしたら印刷ではないのかもしれませんよ。