コンサートやイベントでもレーザは使われています

このレーザテクノロジーは、工業製品だけに使われているのではないですよね。

工業用で加工するにも確かにこのレーザテクノロジーが普及していますが、イベントやコンサートにも加工するレーザではない演出としてのレーザビームがありますね。

放出の仕方は一緒なのでしょうが、きっとこちらは演出なのですから、もし体に当たったとしても問題はありませんね。

なるべく人には当てないような演出で行っているのでしょうが、見ると色が様々で綺麗ですね。

何か神々しい雰囲気が演出されますから、イベントなどで使われるのも良いですね。

でもずっと見ていたら目がどうにかなってしまいそうなので、なるべく直視するのは遠慮したいですね。

レーザテクノロジーはこうした娯楽の世界にまで必要とされています。

これを開発した産みの親の様な方はどんな科学者なんでしょうか。

それとも、科学者ではないのかしらと思っていますが、レーザテクノロジーというものは人を楽しませてくれています。