レーザテクノロジーの光のビーム

レーザを放出して、その光の力で色々な製品に刻印していくレーザテクノロジーなのですが、光に色があるそうなのですが素人の私からすれば何色ですとははっきり言えませんが、専門に作業している人には色がはっきりとしているのでしょうか。

よく言われるレーザビームなのでしょうが、あのレーザ光はフォーカスレンズと言うものを使う事によって集束しているようです。

一カ所に高い光の力の密度を作る事が出来るので文字などを表示する時に、その材量を融解するか気化させてあのような文字を作るのですね。

それに距離があったとしても劣ることなく反射させる事が出来る為、方向も自由自在なのだそうです。

こう聞くと何だかレーザテクノロジーは完璧な気がしてきてしまいますが、何か弱点でもあるのでしょうか。

科学にもっと詳しい方なら何か色々な事を知っているのでしょうが、私から見ていたら万能な技術に思えてしまいますね。

小型化されたり、もっと性能が良くなっていけば今よりも用途が増えるでしょうね。