加工機は大きめですね

レーザテクノロジーの意味を調べていたら、レーザ加工機が沢山出てきました。

値段もかなりのものから、そこそこの値段まであるので使う製品によって違うのだろうとは思いますが、まあ購入しようとする所は電子部品の会社でしょうか。

大きな箱の様な機械がありましたから、何かしらの部品に製造番号を刻印する為に使用するのでしょうが、実際見てみたいですね。

レーザは光を放出して文字を刻印していくのですからおそらくこうした大きな箱みたいな中に製品を入れて作業するのかもしれませんね。

ふと思ったのですがその光は直視したらいけないのではないかと思ったのですが、作業している人は何か目を保護する特殊なゴーグルみたいなものをつけて仕事しているのですかね。

それとも、機械自体に直視しても問題ない遮光するものがついているのでしょうか。

機械の詳しい構造は良く分かりませんが、レーザテクノロジーの塊の様なものなのでしょうね。

今にもっと小型化するのでしょうか。